ヘミモファイト

>> 石のグループ : ケイ酸塩鉱物
写真を見る :

石名はギリシャ語 『hemi(半分)』と『morphos(形)』から来ており、2つの異なる先端を持つこの石の結晶形態に因んだ名となっている。1853年にKenngottによって鑑定された。
青くリボン状の『マトリックス』形のものも存在する。トルマリンと同じく、ピエゾ電気現象並びに焦電気現象を見せる。

採掘場所

産出国: メキシコ, イタリア, ナムビア, オーストリア, オーストラリア, アルジェリア,アメリカ, 中国, コンゴ民主共和国, ザンビア, ギリシャ, ロシア シベリア.

鉱山の写真を見る/他の写真

ハイジュエリーにおける用途

コレクション用の石。

似た宝石

クリソコラ , スミソナイト , ターコイズ , バリサイト

文化的・歴史的ストーンセラピー

穏やかさの中でバランスを取ってくれる石である。落ち着いた人や子どもに効果があり、心地よい雰囲気を作ってくれる。

化学的特徴
Zn4[Si2O7](OH)2

亜鉛ケイ酸塩

物理的特徴

主な色 :

別の色 : 白, 茶, 無色無色, 黄色黄色, 緑色, 紫色

条痕の色 :

光 : ガラス光沢, 絹糸光沢, 真珠光沢, 光沢なし

硬度 : 4.5 まで 5.0

密度 : 3.30 まで 3.50

劈開 : 完全

亀裂 : 貝殻状断口, 不規則

光学的特徴

透明 : 透明, 半透明

屈折率 : 1.613 - 1.635

二重屈折率 : 0.022

明瞭、二軸性あり

複屈折性 : はい

分散 : 0.020 (0.013)

多色性 : なし

色の数 : 1

蛍光 : 多彩な

産地により異なる、金属イオンによって色のある蛍光性

結晶

板状、乳頭状」の凝塊

結晶構造 : 正方晶系

他のインフォメーション
私たちのブティックで購入可能
全ての商品を見る