ダイヤモンドと宝石の透明度

宝石においてインクルージョンと呼ばれる不純物は、色が明るく輝きが弱い石ほど、その存在が明らかで見た目が悪いものです。一方、ダイヤモンドは輝きが強いため、小さなインクルージョンが目立つようなことはありません。

『完全に透明な宝石』というものは存在しません... 通常、10倍拡大ルーペを用いて石のインクルージョンを観察し、透明度の最も高いものから最も低いものの順にグレード付けをします。

以下はグレード表に石を分類する際に用いる、国際的に認定された分類基準です。

IF

石の内部無欠点

透明な石、10倍拡大ルーペで目に見えるインクルージョンなし。

VVS

ごくごく僅かなインクルージョン

10倍拡大ルーペでごくごく僅かなインクルージョンの発見が大変困難。

微小のインクルージョンの数や位置により、« VVS1 » et « VVS2 » に分類される。

VS

ごく僅かなインクルージョン

10倍拡大ルーペでごく僅かなインクルージョンの発見がやや困難。

ごく僅かなインクルージョンの数や位置により、« VS1 » et « VS2 » に分類される。

SI

僅かなインクルージョン

10倍拡大ルーペでインクルージョン有り。事実上肉眼では発見不可能。

« SI1 » et « SI2 » の差異は、インクルージョンの性質によるもので、数や石内の位置などから決まる。

一般的にインクルージョンはダイヤモンドの輝きに悪影響を与えるものではない。

SI3

 

認定書交付を行っている主要研究所による鑑定では、この分類は認証されていない。« SI » et « I » の中間の位置する分類区分。

I

インクルージョン有り

10倍拡大ルーペ、及び経験豊かな専門家の肉眼で容易に発見出来るインクルージョンを含む石。

インクルージョンの数や形、位置により« I1 » ou « I2 » に分類可能。これらのインクルージョンはダイヤモンドの輝きに影響を与えるもの。(特に« I2 » )

« I3 » は肉眼で発見出来るインクルージョンの形が石の輝きを妨げるもの。

時には« I » の代わりに« ピケ(傷の付いた»という言葉を用いて、« ピケ1 », « ピケ2 » et « ピケ3 »と表現することもある。