ターフェアイト

>> 石のグループ : 酸化鉱物
写真を見る :

石名は1945年カットこの石を発見したアイルランドの宝石学者、Charles Taaffe伯爵にちなんでいる。スリランカ産のカットスピネルの中で見つけられたものであった。
複屈折(スピネルは複屈折を持たない)を持つ点を除いて、ターフェアイトのほとんどすべての特徴はスピネルに似ている。ロンドンで行われた分析によってこの石が新種の鉱物であるとされた。
原石ではなくカット石から発見された石としては最初の鉱物である。
マグネターフェアイトと呼ばれることもある。
鉄分の豊富な変種も存在する:フェロターフェアイト。

採掘場所

希少石, 産出国: スリランカ (ラトゥナプラ), スウェーデン王国, ミャンマー (Mogok), 中国 (湖南省), オーストラリア (Mont Painter), タンザニア (トゥアンドル).

鉱山の写真を見る/他の写真

ハイジュエリーにおける用途

ファセットカットを施す。コレクション用の石であるが、宝飾品にも用いられる:スピネルと同じように評価され、同じように宝飾品に用いられてきた。

日々のお手入れと注意点

スピネルと同じく、あまりもろくはない。容易に洗うことができる。

似た宝石

スピネル

化学的特徴
Mg3Al8BeO16

アルミニウム、マグネシウム、ベリリウム酸化物

物理的特徴

主な色 : 紫色

別の色 : 灰色, 無色無色, 緑色

条痕の色 :

光 : ガラス光沢

硬度 : 8.0 まで 8.5

密度 : 3.60 まで 3.65

劈開 : なし

亀裂 : 貝殻状断口

光学的特徴

透明 : 透明

屈折率 : 1.716 - 1.770

二重屈折率 : 0.040

強い、一軸性あり

複屈折性 : はい

分散 : -

多色性 : 非常に弱い

色の数 : 1

吸収スペクトクル : 558 - 553 - 478

蛍光 : 多彩な

時に緑

結晶

双ピラミッド

cristaux

結晶構造 : 五方晶系

他のインフォメーション
私たちのブティックで購入可能
全ての商品を見る