スファレライト

>> 石のグループ : 硫化鉱物
写真を見る :

石名はギリシャ語の『sphaleros(裏切り者、嘘つき者)』からくる。というのも黒の変種は方鉛鉱に似ているが、鉛は溶解しない。輝きはダイヤモンドにも似ている。
亜鉛の主要鉱物である。
1870年以降スファレライト(sphalérite)と呼ばれているが、ドイツ人坑夫が付けたブレンド(閃亜鉛鉱)という名も持っている。スペインのサンタンデル付近で産出するものはハチミツ色をしているた、えしばしば『ハチミツブレンド』と呼ばれた。
スファレライトの光の分散はダイヤモンドよりも3倍強い。

採掘場所

鉱石広く普及 : フランス (イーゼル県La Mûre), イギリス (カンバーランド), カナダ, スペイン (Santander地方),アメリカ (ウィスコンシン州), ロシア, メキシコ, ナムビア, ザイール.

鉱山の写真を見る/他の写真

ハイジュエリーにおける用途

劈開性によって非常にもろいので、コレクション専用の石。熱に触れると劈開してしまうためカットは難しい。

日々のお手入れと注意点

酸、特に塩酸に弱い。触れると硫化水素を発する:腐った卵のようなにおいを放つ

似た宝石

カシテライト , セルサイト , クリソベリル , シーライト , シンハライト , チタン , トパーズ , トルマリン , ベスビアナイト , ジルコン

文化的・歴史的ストーンセラピー

方向を見失ってしまった人に対しては定着性を与えてくれる石。体や精神、感情、性の変調に対して効果がある。

イミテーションと加工

人工スファレライトが存在する。

化学的特徴
ZnS

亜鉛硫黄

物理的特徴

主な色 : オレンジ色

別の色 : 茶, 無色無色, 黄色黄色, 黒色, 赤色, 緑色

条痕の色 : 黄色黄色

光 : 金剛光沢(ダイヤモンド光沢), 脂肪光沢

硬度 : 3.5 まで 4.0

密度 : 3.90 まで 4.12

劈開 : 完全

亀裂 : 不規則

非常に容易に劈開する、三方向

光学的特徴

透明 : 透明

鉄分の多い黒の閃亜鉛鉱は不透明。

屈折率 : 2.370 - 2.400

二重屈折率 : 0.000

なし、アイソトロープ

複屈折性 : いいえ

分散 : 0.156 (0.088)

多色性 : なし

色の数 : 1

吸収スペクトクル : 651

蛍光 : 多彩な

黄オレンジ、青、緑、ピンク、赤

包含物 : 色層

結晶

非常に輝きがあり、形が良い

cristaux

結晶構造 : 立方晶系

他のインフォメーション
私たちのブティックで購入可能
全ての商品を見る