スキャポライト

>> 石のグループ : ケイ酸塩鉱物
写真を見る :

プリズマ外観ちなみ、石名はギリシャ語(『skapos(柱身)』、『lithos(石)』からきている。ソーダ質のマリアライトやカルシウム質のメイオナイトと共に同形群をつくる。
この群にはワーネライト、ジパイヤ、メイオナイト、マリアライトが含まれる。
ワーネライトはこの群の中心に位置する石で、石名は15世紀のドイツ・ Freiberg地方の鉱物学者であるWernerにちなんでいる。
petschiteは紫の変種で、1970年タンザニアで発見された。『キャッツアイ』効果を見せる石でもある。
黄色のメイオナイト変種は、グループの中で最も高い屈折率(1.600)、複屈折率(0.030~0.038)、濃度を持つ。

採掘場所

産出国: フランス (オートピレネー県Pouzac, アリエージュ県Seix), スリランカ (la plus réputée), ミャンマー(Mogok), ブラジル, カナダ, マダガスカル, タンザニア, パキスタン, アフガニスタン.

鉱山の写真を見る/他の写真

ハイジュエリーにおける用途

宝飾品として時折使われることはあるが、もろい石であるため使用には限度がある。紫がかったものや青色の美しい変種は人気がある。

日々のお手入れと注意点

液体洗剤を加えた水で洗い、澄んだ水で流し、乾かす。

似た宝石

アンブリゴナイト , アメジスト , ベリル , クリソベリル , クリスタルロッシュ , オーソクレース , フェナサイト , チタン , トルマリン

文化的・歴史的ストーンセラピー

この黄色の石は困難を解決し、決断を下すのを助けてくれる。
地質的な方向の問題や精神的な問題など、あらゆる問題に関する解決策を見つける力を与えてくれる。論理的に考える力、合理的な精神など、デカルト哲学的に考える力を強化してくれる。謎解きにも効果を示す。
ピンクと紫の変種は人間関係や、愛、精神性に関する困難を解決するのにより効果的。黄色の変種を第三のチャクラである目に用いると、精神的な理解力を改善してくれる。

イミテーションと加工

無色もしくは黄色の結晶体からモーヴ色、紫色を得るために照射処理が施されることがある。しかし得られた色はいつまでも安定しているわけではない。

化学的特徴
Na4[Al3Si9O24]Cl  à   Ca4[Al6Si6O24](CO3)

アルミノケイ酸塩集合体

物理的特徴

主な色 : 黄色黄色

別の色 : 茶, 無色無色, ピンク, 紫色

条痕の色 :

光 : ガラス光沢

硬度 : 5.5 まで 6.0

密度 : 2.55 まで 2.75

劈開 : 明瞭

亀裂 : 貝殻状断口

簡単に劈開する

光学的特徴

透明 : 透明

屈折率 : 1.540 - 1.580

二重屈折率 : 0.006

観察可能、マリアライトの屈折率は弱い、一軸性なし

複屈折性 : はい

分散 : 0.017

多色性 : 弱い

色の数 : 2

基本色によって無色、黄色、ピンク

吸収スペクトクル : 663 - 652

ピンク色のもの

蛍光 : 多彩な

紫外線の下で、ピンク、オレンジ、赤

包含物 : 針状ルチル、先のとがった細かい管、金属酸化物

結晶

先端がミラミッド形の細長いプリズム形

cristaux

結晶構造 : 四方晶系

他のインフォメーション

星座 : 牡羊座, 獅子座, 射手座

私たちのブティックで購入可能
全ての商品を見る
一致
星座
  • 牡羊座 牡羊座
  • 獅子座 獅子座
  • 射手座 射手座

状況を理解し、良い決断を下すのを助けてくれる石。