オーソクレース

>> 石のグループ : ケイ酸塩鉱物
写真を見る :

1823年、Breithauptによって描写された。石名はギリシャ語でまっすぐなという意味の『orthos』からきており、これは直交する2つの面に従って劈開するこの石の特徴にちなむものである。当初はオーソクレース(orthoclase)と言われていたが、René Just Haüyがオルソース(orthose)と名付けた。
白の変種アデュレール(adulaire)は、スイスの山Mont St Gothardを指すラテン語『adula』から名付けれた石。アデュレールは事実上マイクロパーサイトで、オルソースとアルバイトを冷却した際にアルバイトの微小板がオルソース内で結合したことによって出来たものである。
青色の光を見せるアデュラッセンス現象は、これらのアルバイトの微小板が光の回折を作り、光波の干渉が起きることに寄ってみられるものである。
サニディンは明色の変種で(無色、明褐色)、Noseによってドイツで1808年発見された。石名は結晶の様子にちなんで、小板を意味するギリシャ語『sanis』と、見るという意味の『idos』からきている。
モース硬度は6。

採掘場所

産出国: マダガスカル, ミャンマー, ケニア, モザンピーク, ルワンダ, ナムビア, ボリビア, インド, パキスタン, 中国, ロシア, ギリシャ, スロバキア共和国, スイス, フランス, イギリス, アメリカ北部, オーストラリア

鉱山の写真を見る/他の写真

ハイジュエリーにおける用途

エメラルドタイプのカットに用いられる。粒子状で、黄色に着色されるとしっかりとした色になる。

日々のお手入れと注意点

手入れは簡単な美しい石。硬度は平均的であるため、こすり傷には弱い。液体洗剤を加えた水で洗い、カルキ分のない水で洗い、その後アルコールで流す。

似た宝石

アパタイト , ベリル , ブラジリアナイト , クリソベリル , シトリン , スキャポライト , トパーズ , ジルコン

文化的・歴史的ストーンセラピー

ムーンストーンを構成する石であるため、同じ効果を持っている。穏やかな石であるため極度な物質主義、合理主義の人物に効果がある石。創造力、寛大さ、繊細さを与えてくれる。

化学的特徴
KAlSi3O8

カリウムのアルミノケイ酸塩

物理的特徴

主な色 : 黄色黄色

別の色 : 茶, 灰色, 無色無色, ピンク, 赤色, 緑色

条痕の色 :

光 : ガラス光沢

硬度 : 6.0

密度 : 2.55 まで 2.65

劈開 : 完全

光学的特徴

透明 : 透明

屈折率 : 1.518 - 1.530

二重屈折率 : 0.008

非常に弱い、二軸性なし

複屈折性 : いいえ

分散 : 0,012 (0.008)

多色性 : 非常に弱い

色の数 : 2

蛍光 : 多彩な

ピンク-オレンジ

結晶

プリズム形、板状

cristaux

結晶構造 : 単斜晶系

他のインフォメーション
私たちのブティックで購入可能
全ての商品を見る