アラバスター

>> 石のグループ : 硫酸塩鉱物
写真を見る :

この名前はギリシャ語で白を意味する「アルバス」から来ており、「蒸発岩」と言われる岩石の一種である。
これは非常にきめの細かい石膏の巨大な集合体であり、その微粒子と完璧な白さによってとりわけ彫刻に適している。
古代よりアラバスターという言葉は、時に「大理石オニキス」と呼ばれる潜晶質の石灰石のことも指し示した。
時にはエジプシャンと呼ばれる炭酸塩である、この石灰質アラバスターは、方解石または小型のアラゴナイトで構成されるが、数年の間に形成されるので大理石ではない(大理石は数万年単位の地質学的時間スケールによって形成される)。アラバスターは洞窟の鍾乳石を構成し、しばしば黄色に着色される。石膏を形成するアラバスターよりも明るく光って見えるのこのためである。

採掘場所

アラバスターの鉱脈は複数ある:ドイツ(チューリンゲン)、イギリス(ダービー)、イタリア(トスカーナ)、アメリカ合衆国(コロラド州)、フランスのパリ近郊。

鉱山の写真を見る/他の写真

ハイジュエリーにおける用途

アラバスターは古代より、エジプト、中東、ヨーロッパとイギリスにおいて、オブジェを彫刻するのに使われてきた。
エジプト人は花瓶、祭壇や石棺などの埋葬品を作った。
今日では蓮や卵の形をしたランプ、置物を作るのに使われる。
アラバスターの宝石への使用はその脆さと多孔性により限界がある。
結婚75周年を記念する石でもある。

日々のお手入れと注意点

石膏と同様、アラバスターは熱に敏感である(熱は石膏からplatreへの変換を引き起こす)。従って熱源の近くにアラバスターのオブジェを置かないように注意しなければなりません。
アラバスターのオブジェを掃除する際はマルセイユ石鹸の石鹸水で湿らせた布を用い、汚れが取れない場合はテレビン油を用い、低硬度の石であるアラバスターを傷つけないようにこする。その後、石鹸水でテレビン油の油分を除き、清潔な布を使ってよく乾かす。
様々な方法がアラバスターを保護するために使われる:マニュキア、ワックス…大理石用と同じく、マイクロクリスタリンワックスの使用が望ましい。

似た宝石

カルサイト , ギプス , パイロフィライト

文化的・歴史的ストーンセラピー

両腕を体に垂直に伸ばし、両脚を閉じ、頭を北に向けて腹腔神経叢のチャクラにあてる。全身のくつろぎと穏やかさをもたらす。

イミテーションと加工

パイロフィライトの一種であるアガルマトライトはアラバスターによく似ている。方解石とオニキスもアラバスターと混同されることがある。
一滴の酸によってこれを区別することができる。アラバスターは無反応であるのに対して、石灰岩と方解石は泡立ち、傷つけられる。
アラバスターは時に着色される。

化学的特徴
Ca[SO4] 2H2O

水分子を持つカルシウムの硫酸塩

物理的特徴

主な色 :

別の色 : 茶, 黄色黄色, ピンク

条痕の色 :

光 : 絹糸光沢, 光沢なし

硬度 : 2.0

密度 : 2.30 まで 2.33

劈開 : なし

亀裂 : 不平坦(粒状), 不規則

光学的特徴

透明 : 半透明, 不透明

縁部は半透明

屈折率 : 1.520 - 1.530

二重屈折率 : 0.010

弱い、一軸性なし

複屈折性 : いいえ

分散 : 0,033

多色性 : なし

色の数 : 1

蛍光 : 無し

不純物により弱い蛍光性を示すことがある

結晶

密度の高い塊の中に存在し、結晶は見えない

結晶構造 : 単斜晶系

単斜晶系

他のインフォメーション

星座 : 牡牛座, 天秤座

私たちのブティックで購入可能
全ての商品を見る
一致
星座
  • 牡牛座 牡牛座
  • 天秤座 天秤座

穏やかに和らげる。