アポフィライト

>> 石のグループ : ケイ酸塩鉱物
写真を見る :

1806年Rene Just Hauyによって鑑別された。名前はギリシャ語で、暑さや摩擦、酸によって、剥がれる、葉が落ちるという意味の『apophyliso』から来ている。
化学成分に応じ、多くの変種が存在する。たとえば、ナトリウム(ソジウム)の豊富なものはソーダ魚眼石、フッ素の豊富なものはフッ素魚眼石である。

採掘場所

頻出の高い石の1つである。産出国は大変美しい緑の結晶が産出すインドを始め、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ、フィンランド、ブラジル、スイスなどで、しばしば玄武石のくぼみに発見される。

鉱山の写真を見る/他の写真

ハイジュエリーにおける用途

劈開性があるためカットは難しい。硬度が弱いため非常にもろい。宝飾品には用いられないが、コレクションとしては非常に美しい石である。

日々のお手入れと注意点

熱、酸、衝撃に弱い。

似た宝石

ボラサイト , カルサイト , ダトーライト , ドロマイト , ヘルデライト , マグネサイト , ナトロライト , オーソクレース , フォスゲナイト

文化的・歴史的ストーンセラピー

第三のチャクラである目の石である。記憶力、知的能力、思考に作用する。宇宙や地との関係して、法的選択を下すのを助ける。
緑のアポフィライトは心臓のチャクラの石で、病を直し、身体的精神的拒絶反応を取り除く。
中国では、アポフィライトは鍼灸治療の効果を高めてくれると言われている。

イミテーションと加工

知られているイミテーション品はない。

化学的特徴
KCa4[(Si4O10]2 8H2O (F,OH)

複合珪酸塩

物理的特徴

主な色 : 無色無色

別の色 : 白, 茶, 灰色, 黄色黄色, ピンク, 赤色, 緑色, 紫色

条痕の色 :

光 : ガラス光沢

硬度 : 4.5 まで 5.0

密度 : 2.30 まで 2.50

劈開 : 完全

亀裂 : 不規則

非常に劈開しやすく、簡単に割れすぎてしまうほどである!

光学的特徴

透明 : 透明

屈折率 : 1.535 - 1.538

二重屈折率 : 0.002

非常に弱い、一軸性あり

複屈折性 : いいえ

多色性 : なし

色の数 : 1

蛍光 : 多彩な

サンプルの中には黄オレンジの蛍光性を見せるものがある

結晶

厚い二終点の板状、殆ど立方体状

cristaux

結晶構造 : 四方晶系

他のインフォメーション

星座 : 双子座, 乙女座, 魚座

私たちのブティックで購入可能
全ての商品を見る
一致
星座
  • 双子座 双子座
  • 乙女座 乙女座
  • 魚座 魚座

脳が活発に回転するのを助ける。