アパタイト

>> 石のグループ : リン塩鉱物
写真を見る :

自然の中にもっとも多く存在するリン酸塩鉱物である。名前は、ギリシャ語で失望させるという意味のapateinに由来しており、warnerが長い間この石とエメラルドとを混同していたことに関係している。ハイドロキシアパタイト(水酸燐灰石)は我々人間の骨や歯を構成する成分であり、これは変成岩や水成岩の中にも見られる。
塩素、フッ素、塩素イオンを含むカルシウムリン酸塩鉱物である。この3つのどれを主要成分とするかにより、フッ素燐灰石、塩素燐灰石、水酸燐灰石に区別される。
玉虫色の輝き現象を見せる黄色の変種も存在する。

採掘場所

アパタイトの結晶体が産出する最も有名な地としては、ガレ鉱山のcitons(ブラジル)、Panasqueira (ポルトガル)、ドゥランゴ州(メキシコ)、グリーンウッド(アメリカ合衆国)、Zillertal(オーストリア)、グリーンヴィル(カナダ)、さらにミャンマー、南アフリカ、ケニア、マダガスカル、ノルウェー、パキスタン、フランスなどがある。
モース硬度5の石である。

鉱山の写真を見る/他の写真

ハイジュエリーにおける用途

もろさ、硬度の低さ(傷つきやすい)、酸に対する弱さのために用いることのできるものは限られている。しかし色の美しいもの、特にマダガスカル産やタンザニア産の『パライバ』『ネオンブルー』などの青の変種はペンダントに用いられる。

日々のお手入れと注意点

レモンや酢など、酸には決してさらさないようにすること。ペンダントは水で洗い、アルコールですすぐ。

似た宝石

アンブリゴナイト , アンダルサイト , ベリル , ブラジリアナイト , クリソベリル , オーソクレース , チタン , トルマリン

文化的・歴史的ストーンセラピー

青もしくは緑のアパタイト、産出が多く宝石級の変種は心臓のチャクラに作用する。恋愛で邪魔が入った際には安心させ、自己を取り戻すのを助けてくれる。
のどのチャクラに作用し、しゃがれ声に効果を示し、発声を容易にしてくれる。第三のチャクラに作用し、超感覚と嗅覚を強化し、聴力をアップさせてくれる。表現力を高める。
青のアパタイトは他の石の持つ振動を増大させてくれる効果を持つ。

イミテーションと加工

商業化されている人工アパタイトが存在するが、特に着色ガラスのイミテーション品が観光客をターゲットに作られている。

化学的特徴
Ca5[PO4]3(F,Cl,OH)

カルシウムのリン酸塩化物

物理的特徴

主な色 : 黄色黄色

別の色 : 白, 青, 灰色, 無色無色, ピンク, 緑色, 紫色

『アスペラガスの点』は非常に明るい緑の変種の商業名、青緑のものはパラビア。

条痕の色 : 白, 灰色, 黄色黄色

光 : ガラス光沢

硬度 : 5.0

密度 : 3.15 まで 3.23

劈開 : 不明瞭

亀裂 : 貝殻状断口

光学的特徴

透明 : 透明, 半透明

屈折率 : 1.628 - 1.650

二重屈折率 : 0.002

非常に弱い、一軸性なし

複屈折性 : いいえ

分散 : 0.013 (0.010)

多色性 : 多彩な

色の数 : 2

黄色と緑色のアパタイトは弱い:黄色~黄緑、黄色から緑。青色のアパタイトは強い多色性を持つ:無色-黄色、青

吸収スペクトクル : 585 - 577

青のアパタイト:512,507,491

黄色アパタイトスペクトル

黄色アパタイトスペクトル

青緑アパタイトスペクトル

青緑アパタイトスペクトル

明青アパタイトスペクトル

明青アパタイトスペクトル

蛍光 : 多彩な

黄色

包含物 : キャッツアイ効果を引き起こす平行で小さな管

結晶

層によって、厚い板状、柱状

cristaux cristaux

結晶構造 : 五方晶系

他のインフォメーション

星座 : 乙女座, 魚座

私たちのブティックで購入可能
全ての商品を見る
一致
星座
  • 乙女座 乙女座
  • 魚座 魚座

愛らしさをもたらしす。怒りっぽさをなだめ、不安を和らげる。